感染経路は?|ストロングハートで愛犬も普段の食事から守っていこう

感染経路は?

スプーンにのっている薬

フィラリアを知っていただく為、感染経路や仕組みを紹介します。これさえ知っていればあなたもきちんと予防する事ができるでしょう。
フィラリアによって発症する病気を「フィラリア症」と言います。犬の体内にイヌフィラリアという寄生虫が入りこみ、最終的に寄生虫が成長し住み着いた場所によって様々な形で愛犬の体調を悪くする病気です。

この病気の基本的な感染経路は「蚊」によって運ばれてきます。蚊がフィラリアに感染している犬の血液を吸うと「ミクロフィラリア」という幼虫を取り込みます。その後ミクロフィラリアは蚊の体内で2回脱皮すると犬への感染能力を持った幼虫になります。(幼虫になる為にはある一定の温度が必要で、冬の間は予防しなくていいのはこの為)
その後、蚊がフィラリアに感染していない犬の血を吸う時に、蚊の体内にいたミクロフィラリアを犬の体内に注入します。この時点ではミクロフィラリアが侵入しただけで感染したわけではないので、犬に変化は見られません。
フィラリア症は感染幼虫が体内に入ってすぐに体調が変化するものでもありません。しかし、その体内のフィラリアが大きくなってしまうと犬の心肺や血管などに多大な被害をもたらします。その時になって、ようやく犬から症状が見て取れるようになるのです。

しかし、きちんと「ストロングハートプラス」を摂取していれば、問題ありません。今からでも遅くはないので、試してみると良いでしょう。